運輸安全マネジメント

SAFETY MANAGEMENT

2017年度(2017.04.01~2018.03.31)

経営トップの責務

1.輸送の安全の確保に関する最終的な責任を有するものとし、全社的な安全性向上の取組みを主導し、
企業全体に安全意識の浸透を図る

2.輸送の安全を確保するため、予算の確保、体制の構築等必要な措置を講ずる

3.経営管理の手法である計画、実施、評価、改善のサイクルの実践により、継続的に輸送の安全性の
向上を図るため、業務の実施及び管理の状況の適否を常に確認し、必要な改善を行う

輸送の安全に対する基本的な方針

1.全従業員に対して、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、
その実現のため経営トップが主導的な役割を果たし、全従業員が一丸となって取組み、
絶えず安全性の向上を図る

2.輸送の安全に関する取組み状況等の情報について、積極的に公表する

3.安全に対する基本的な方針およびそれに基づく目標・計画を従業員に周知徹底し、
コンプライアンス及び安全体制の強化を図る

輸送の安全に関する目標及び達成状況

2016年度目標 2016年度状況 2017年度目標
重大事故 0 0 0
物損事故※1 0 7 0

※1)物損事故の件数は、①自責事故 ②公道 ③事業用車両 ④自社損害額の発生 の集計

目標達成のための取組計画(輸送の安全を確保するための重点施策)

目標達成のための取組計画については、「輸送の安全を確保するための重点施策」をご覧ください。

輸送の安全に係る処分(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)

2016年度の自動車事故報告書提出実績

事故類型内容 転覆 転落 路外逸脱 火災 踏切 衝突 死傷 健康起因 車両事故 合計
件数 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

更新日:2017年6月14日
株式会社バンダイロジパル
株式会社ロジパルエクスプレス
代表取締役社長 馬場 範夫

ページトップへ