バンダイナムコグループサステナビリティ方針

バンダイナムコグループサステナビリティ方針イメージ

ロジパルが創出する価値

バンダイロジパル・ロジパルエクスプレスではバンダイナムコグループの一員として、
世界中の人々の笑顔を未来へ繋ぐために
物流を通じて、世界をより良い方向へ動かし、持続可能な社会の実現に向けて、
より一層サステナブルな取り組みを強化していきます。

サステナビリティ活動の実践

バンダイナムコグループのマテリアリティ(重点課題)

バンダイナムコグループが掲げるマテリアリティ(重点課題)に対してロジパルでの取り組みを紹介します。

地球環境との共生

「人と地球環境にやさしい物流」をテーマに環境保全の向上を継続的に行うという環境方針のもと以下の脱炭素に向けた取り組みを推進していきます。

  • エコドライブ活動

    長年にわたりエコドライブに取り組み、独自の環境マニュアルの整備や、デジタルタコグラフを活用した燃費管理と教育の実施、ドライバーコンテスト等の取り組みを継続しています。
    また、この一環として、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団主催のエコドライブ活動コンクールに毎年参加しています。2018年度には応募件数665件の中から最も優秀な取り組みを行った団体に贈られる「国土交通大臣賞」を受賞、以降も「優秀認定証」を複数回受賞しています。
    その他、低公害車導入促進、車両点検・整備の徹底を行っています。

  • グリーン経営

    グリーン経営は、「環境に配慮した経営」であり、企業の社会的責任として2005年に認証を取得し、環境問題に積極的に取り組んでいます。
    グリーン経営認証制度:
    公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団 (green-m.jp)

    グリーン経営認証
  • グリーン電力へ切り替え

    拠点(一部拠点)で使用している電力をグリーン電力(※グリーン電力:再生可能エネルギーとして太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなどから作られるエネルギー(電気)。地球温暖化の原因となるCO2の排出や廃棄物が少ないことから、環境への負担が少ないエネルギーとして定義)に切り替え、業務で発生するCO2排出量を実質ゼロとしています。また倉庫のLED化を推進し、省エネルギー化を図っています。

適正な商品・サービスの提供

当社ではお客様にご満足いただける高品質で安全・安心な物流サービスの提供を目指し、以下の第三者による認証取得にいち早く取り組んでまいりました。

  • 安全性優良事業所(Gマーク)(ロジパルエクスプレス)

    安全性優良事業所認定制度

  • プライバシーマーク(バンダイロジパル)

    プライバシーマーク

  • ISO9001(バンダイロジパル・ロジパルエクスプレス)

    ISO認証

  • AEO制度(バンダイロジパル)

    AEO認定通関業者

  • 健康経営優良法人認定制度「銀の認定」

    健康経営優良法人認定制度
    「銀の認定」

尊重しあえる職場環境の実現

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

多様な人材の活躍の場を作り出すため、弊社では様々な人事制度の構築・見直しの継続を図っていきます。今後も従業員同士がお互いを尊重して理解を深め、より良いサービスの向上を目指していきます。

働きやすい職場認証取得(ロジパルエクスプレス)

従業員が安心して働ける職場環境の構築に努め、安全・安心を第一にしたサービスを提供できるよう働きやすい職場認証制度の二つ星を取得しています。

AEO制度(バンダイロジパル)

コミュニティとの共生

社会貢献

全国各地区交通安全協会へ寄付活動を通じて交通安全運動・地域に貢献しています。
また、未来の子供たちのため、日本おもちゃ図書館財団・こども・笑顔創出プロジェクトへの寄付活動を行っています。

葛飾区との災害協定

2018年度には本社が所在する東京都葛飾区との災害時物資保管に関する協定を締結し、災害時においての地域復興活動を地域と共に行います。